ひと粒の雨


耳をすますと

風の中に雨の気配を知る

ひと粒、ひと粒の雨が、琴の弦を弾く

その音とともに


いつの間にか

雨粒は糸となり

まるで絹が織られていくように

音楽となる


雨は

乾いた街に降りそそぐ優しさ

僕たちの孤独を埋めるように

ぼんやりと世界を包む


僕たちは傘もささずに

髪が濡れ

肩が濡れて

心が濡れたら

やがて音楽の川を

山をくだり

大地をめぐり

世界の果てにある

海へたどり着く


#poem #ポエム #詩 #takayamasoramaru #バンクーバーの詩人





1 view

Recent Posts

See All

体温 / Body warmth

産まれた時になくしたもの 信頼 優しさ 正義 ずっと探していたのは、体温だった 信頼という体温 優しさという体温 正義という体温 あなたの手から伝わる 太陽の温もり 月の糸 When we were born, the things we lost were trust kindness justice Body warmth is what I've been looking for all a

A man without language

A man without language is standing in the dust, holding something not permitted. A man without language is hiding under the moon, trying to extinguish his blue shadow. A man without language is sittin