雲とリュックサック

Updated: Feb 1, 2019


真昼の太陽 時間の向こう ぼんやり眺めよう 雲の模様 綿あめ、シルクハット、アフリカ、思い出 リュックサックに入ってる 水筒、メモ帳、世界地図、幸せ ちょっと重いけど、きっと背負える

どんなに悩んでもただの杞憂 風の匂いは十分な理由 忘れ物は、そのまま忘れて旅に出よう 自分の居場所へ


#poem #ポエム #詩 #takayamasoramaru #バンクーバーの詩人