猫とピエロ

Updated: Feb 1, 2019


街角で美しい猫に出会い、ピエロは本当の恋に落ちた 芸を見せたり、ご飯をあげたり、愛を語ったりした 猫を好きになったピエロを、世間はせせら笑った けどピエロは笑われるのが仕事だから、それが嬉しくてたまらなかった

猫には優しい夫と仲のいい5匹の子猫達がいた ピエロは三日月の夜にプロポーズをして、猫はうなずいた 二日後、猫は市役所に離婚届を出して、ピエロと生活を始めた ピエロは猫と空中で一緒に踊った ショーはすぐに評判が立って、多くの観客が集まった 猫の夫と子猫達が見に来ることもあった 手を叩いて喜んでくれたけど、猫はいつも寂しい顔をしてた ある日、猫は夕飯の買い物から帰って来なかった ピエロは顔を真っ白にして、町中を探し歩いた 道端にダンプカーに引かれた猫が倒れてた そばにうずくまってさんざん泣いた

ピエロはそれからひとつも踊れなくなった ショーはつまらなくて、見る人はいなくなった ある日、がらんとした観客席に猫の夫と5匹の子猫達がいた ピエロは驚いて目をまっ赤にした 6匹の猫達のためにピエロは踊り始めた 一人で踊るダンスはへたくそだったけど、手を叩いて喜んでくれた 踊りは全然うまくならなくて、観客はずっと集まらなかった いつか、猫の夫が来なくなった いつか、子猫達は成長して、お兄ちゃんやお姉ちゃんが来なくなった やがて、観客は末の妹だけになった それでもピエロはへたくそなダンスを踊り続けた 猫のために踊り続けるピエロを、世間はせせら笑った けどピエロは笑われるのが仕事だから、それが嬉しくてたまらなかった

#poem #ポエム #詩 #takayamasoramaru #バンクーバーの詩人